【不妊治療体験談】はじめての受診!初回受診のタイミングや費用、検査やその内容は?

不妊治療

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

先日、膣カンジタの治療に行ってきました。その際に、「自分達なりに努力してきたけど、1年半以上子どもができない」と不妊の相談をしました。

5月に退職してから時間があったものの、受診に至るまでに約半年かかりました。婦人科への受診…特に不妊の相談をするのは、かなり勇気や気合がいることだと思います。

今回はわたしが実体験した「初めての不妊治療」についてお伝えします。

こどもがなかなかできない。不妊の相談に行った方がいいのかな

初めての不妊治療ってなにをするんだろう

不妊治療ってお金がかかると聞くけど、いくら位かかるんだろう

わたしのように不安に思っている方は、ぜひ読んでみてください

不妊治療に初めて行くタイミングは?いつ行けばいいの?生理中は控えた方がいいの?

わたしは膣カンジタの治療と不妊相談だったので、タイミングを考えずに受診しました。生理中ではなかったのですが、生理中でも問題ないかなと思います。

なぜなら、初回受診で今後の不妊治療の方向性が決まるわけではないからです。実際に受診してみて分かったのですが、まずは妊娠・不妊治療を始めていい体なのか検査をすること、採血から始まります。

1つ言えることは、予定が入っていない日に行った方がいいということです

受診はかなり時間がかかります。もともと産婦人科は急な出産なので先生がいなくなり、順番が進まない…という感じで受診に時間がかかりやすいです。特に初回受診はさらに時間がかかります。

わたしは朝の9時に行き、お昼の1時まで約4時間かかりました。わたしが受診している病院は、先生1人で切り盛りしているので、時間の予測もできません。半日以上拘束されると思った方がいいと思います。

タイミングよりも一番大切なことは、不妊の相談に行く前に夫婦で話し合うことです。

わたし達の場合は、夫婦どちらもこどもが欲しいと希望していますが、どこまでステップアップするかは決めていません。出産は年齢の問題もあるので、とりあえず検査をしてみようと受診することにしました。

わたしは一人で病院に行きましたが、できれば一緒に行ってもらった方がいいと思います。産婦人科は行きたくないと言う男性が多いと思いますが、不安なのは女性も同じです。

不妊治療は女性の方が圧倒的に負担が多いです。体はもちろん、精神的にも辛くなります。わたしは受診に行く前に、家事をしてほしいこと、労いの言葉をかけてほしいと旦那さんに伝えました。帰ってきてからご飯ができていて、「お疲れ様。がんばったね」と言われて、涙が出てきました。

夫の存在が何よりの心の支えになります。支えになってもらうには夫婦でしっかり話し合うことが必要です。

初回受診の流れと受診内容は?

初めて不妊の相談に行くと、まず問診から始まります。質問項目は、生理の周期や不妊期間、持病についてなどです。

初回受診時には基礎体温表をつけていなくても、特に問題はありません。基礎体温表を付けている人は、持参するようにしてください

わたしはシチズンの婦人体温計を使っています。値段もお手頃なので、おすすめです

その後、先生の診察と内診があります。内診では膣カンジタの治療と子宮頸がんの検査性病検査卵巣の観察を行いました。

わたしの場合は、卵巣に腫れがあり、生理3日目に再受診することに。その後、感染症検査をするために採血を行いました。

初回検査の内容は?

不妊治療を始めてまず最初に行うのは、性病感染症検査です。妊娠・不妊治療を始めていいのか検査で確認するのです。

性病検査では、クラミジアトリコモナスを調べました。不妊の原因にもなる病気なので、必ず行う検査です。

感染症検査では、調べる項目がかなりたくさんありました。中には自費になる検査もあります。

自分だけでは判断できないので、看護師さんと相談しながら検査項目を決めます。先生から調べた方がいいと推奨されたもの、予防接種をしたら避妊期間があるもの、妊娠中に予防接種ができない感染症を調べることにしました。

実際に検査したのは、こちらの4つです

B型肝炎

梅毒

おたふく風邪

トキソプラズマ

わたしは動物を飼っていたので、トキソプラズマも調べました。本来は麻疹・風疹が必ず検査するのですが、わたしは以前の職場で抗体検査で充分抗体があったので、検査項目には入れませんでした。

性病検査はすぐに陰性結果がでましたが、感染症検査の結果は次回の受診時に伝えると病院から言われ、この日は帰宅。

後日受診した際に、おたふく風邪の抗体がないことが分かり、予防接種を行いました。トキソプラズマも抗体がないことが分かりましたが、生ものを食べないこと、ペットの動物と過剰なスキンシップをしないようにと言われました。

看護士さんいわく、「それ以上できることはない」とのこと。トキソプラズマに関しては、検査しなくてもよかったなと思いました

初回受診の気になる費用は?不妊治療は高い?

気になる初回受診の費用は、13000円でした

わたしの場合は、膣カンジタ治療、子宮頸がん検査、性病・感染症検査(クラミジア・トリコモナス・B型肝炎・おたふく風邪・梅毒・トキソプラズマ)でこの値段でした。自費になった検査もあります。

率直な感想としては「高いな…」と思いました。わたし達夫婦の収入から考えると、共働きを続けないと不妊治療は難しそうです。

まとめ

不妊の相談で、婦人科や産婦人科を受診するのは、とても勇気がいることだと思います。早く受診した方がいいと分かっていても、重い腰が上がらない方が多いと思います。わたしも半年以上かかってしまいました。

この記事が少しでも参考になったり、役立つことを願っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました

不妊治療

Posted by 藤奈