【積立インデックス投信基礎知識】初心者でも分かる!投資信託のメリットやデメリット、今後の見通しは?

投資でお金を増やす, 投資信託少額投資, 投資信託おすすめの本, 積立インデックス投信の基礎知識

Left Caption
藤奈
こんにちは、投資ブロガー藤奈です

わたしは積立インデックス投信をしています。積立インデックス投信とは、インデックスファンドの投資信託を毎月積立で購入する投資のことです。

積立インデックス投信の良さは、一度設定してしまうと何もしなくていいことです。わたしは暴落時に追加で購入していますが、放置でも問題ありません。

今回は積立インデックス投信について伝える前に、投資信託のメリットやデメリット、今後の見通しについてお伝えします。この記事を読むと、なぜ投資信託が人気なのか、注目されている理由についてご理解いただけると思います

投資信託に興味がある

積立インデックス投信を始めたいと思っている

投資信託について勉強したいと考えている

このように思っている方は、ぜひ読んでみてください

積立インデックス投信については、こちらの記事を読んでください

投資信託とは?

投資信託とは、わたしたち投資家から集めたお金を1つの大きな資金とし、資産運用の専門家が国内外の株式や債券、不動産などの資産に投資をして運用している金融商品のことです。「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づいて運営されています。

投資家から集めた1つの大きな資金は信託財産と呼ばれ、資産運用の専門家はファンドマネージャー・運用会社・機関投資家と呼ばれることもあります。金融商品とは、金融機関が提供している商品のことで、銀行の預金や証券会社の株、保険会社などの保険なども金融商品に含まれます。

難しい専門用語が並んでしまいましたが…、簡単に言ってしまうと、投資家から集めた多額のお金を元手にして、専門家が株や債券を買い、お金を増やそうとしている金融商品が投資信託ということです。

預けたお金(元本)が保証されている預金や貯金と違い、投資信託は元本が保証されていません。10万円で買った投資信託が、9万円の価値になることもあります。もちろん、11万円になることもあります。

10万で購入した投資信託が9万円や11万円になる理由は、資産運用の専門家が購入した株式や債券、不動産の価格が変動するからです。その変動によって、投資信託の価格も変わってしまうのです。投資信託を購入する際、購入価格に資産運用の専門家に払う手数料が含まれています。そのため、投資信託の価格が上昇した場合、投資家の利益となります。逆に投資信託が下落した場合、投資家の損失になります。投資信託の価格は基準価格と呼ばれています。

投資と言えば、たくさんの資金が必要というイメージがありますが、投資信託は少額から購入することができるので、初心者向けの投資を言われています。証券会社によっては100円から購入することができますし、最近ではポイントで投資信託を購入することもできます。

投資信託が人気の理由

投資信託は、たくさん本も出版されている人気の投資です。わたしは水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」を読んで、本格的にインデックス投信を始めました。そのため本の内容と記事がかなり似ていると思います。

投資信託が人気の理由は、長期間運用することで利益が出やすくなるからです。時間を味方にする投資と言われています。

長期投資で利益が出やすくなる理由は、大きく分けて3つあります。

複利の力で利益が出やすい

世界経済の成長によって、投資信託の価格が上昇する可能性が高い

平均回帰性によって、3~5%の利回りになる可能性が高い

時間を味方にする複利の力

投資信託を長期間運用することで利益が出やすくなるのは、複利の力があるからです。複利とは、預けたor買ったお金によって生じた利息を元金に組み入れて計算していく方法です。利息を含めずに計算する方法は、単利と呼ばれています。

投資信託を例に説明します

100万円で購入した投資信託が、利息と価格の上昇によって1年間で5万円の利益が出たとします。この場合、運用利率は5%となります。その利益でさらに投資信託を購入すると、2年目は105万円で投資信託を運用することとなります。これを複利と言います。

利益は別にして、100万円のまま運用していくことを単利と言います。

100万円を5%の利率で運用していくと、以下のようになります

単利複利
3年105万円116万円
10年150万円163万円
100年600万円1億3150万円
長期になるほど、複利が大きな力を持つことが分かりますね

世界経済は今後も成長し続ける

「複利がついても、複利以上の損失を出してしまったら利益が出ない」と思われる方もいると思います。

実は投資信託の価格は今度も上昇する可能性が高いのです。なぜなら、世界経済は今度も成長する見込みだからです。

2019年4月9日に発表されたIMF(国際通貨基金)の世界経済成長予測では、2019年3.3%、2020年は3.6%のプラス成長になっています。IMFの世界経済成長予測は、プロの投資家も注目する重大な発表です。

米国の保護主義政策、米中の貿易摩擦により世界経済は減速していますが、それでもプラス成長を続けています。世界経済と株価は連動するので、投資信託も今後上昇していく可能性が高いのです。

世界人口の増加

なぜ世界経済は今後も成長していくのでしょうかまずは、世界の人口増加が理由に挙げられます。

総務省統計の発表では、2100年まで世界人口は緩やかに増加していく予想です。人口が増加すると経済も広がっていきます。つまり、経済成長が続くというわけです。

資本主義は拡大し続ける

ここで、わたしたちを取り巻く資本主義について説明したいと思います。

資本主義とは、お金を中心にして成り立つ社会のことです。ブリタニカ国際大百科事典によると、「資本主義とは、労働力を承認化し、剰余労働を剰余価値とすることによって資本の自己増殖を目指し、資本蓄積を最上位におく社会システム」とされています。

簡単に説明してしまうと、働くことでお金を稼げる仕組みを基にして、資本家➜企業➜労働者➜資本家…というようにお金が回っていくことでお金が増えていく社会が資本主義です。

ほとんどの国は資本主義国家なので、わたしたちはお金から逃げられない、お金を中心とした社会で生きていることになります。今後お金を中心とした資本主義が崩壊する可能性はあるのでしょうか

お金の代替が生まれたり、資本主義+α主義が生まれるかもしませんが、資本主義が完全に崩壊することはないと思います。なぜなら、資本主義は人間の欲求を原動力にしているからです。

人間はさまざまな欲望を持つ生き物です。「〇〇がほしい」「豊かになりたい」「幸せになりたい」と思っています。その欲求は満たすには、大なり小なりお金が必要になります。そうなると、資本家➜企業➜労働者➜資本家…というようにお金が回っていき、資本主義はさらに拡大していくのです。

世界の人口は増加していくこと、資本主義は拡大していく仕組みであること。これらのことか推測すると、今後も世界経済は成長していく可能性が高い、つまり投資信託の価格は上昇する可能性が高いと言えます。

平均回帰性とは?

長期投資することで投資信託が利益が出やすくなるのは、平均回帰性にあります。

平均回帰性とは、相場が平均値に戻ろうとする性質のことです。上がっても下がっても、長期的にみると平均値に戻るのが相場なんです。

平均値に戻るということは、世界経済も株価も右肩上がりなので、今後も上昇していく可能性が高いということです。

投資信託のメリット

少額から購入できる

投資信託は、証券会社によっては、100円から購入することができます。現金を使わず、ポイントで購入できる証券会社もあります。

間接的に余ったポイントの現金化もできるんです

少ない資金でも簡単に分散投資ができる

投資信託は、分散投資を利用した金融商品になります。分散投資は投資のリスクを減らす最も効果的な手法で、投資は分散投資が原則と言われています。

投資家が1人で分散投資をしようとすると、たくさんのお金が必要になります。その点、投資信託は少ない資金で1つ購入するだけで多くの銘柄を保有したことになるので、簡単にリスクを減らすことができるんです

個人では買いにくい国外債券や外国株式を簡単に購入できる

海外の債券や株を買おうと思うと、取扱業者が少なかったり、情報を仕入れにくいことで労力がかかってしまいます。投資信託だと個人では買いにくい海外の債券や株式を気軽に購入することができます。

金融機関が破綻しても守られる

投資信託は、販売会社・運用会社・信託銀行の3つが役割を果たすことで成り立っています。結果的には、どの金融機関が破綻したとしても「投資信託及び投資法人に関する法律」によって投資家が損害を被らないようになっています。金融機関が破綻したとしても、購入した投資信託が紙くずになってしまうことはありません。

投資信託のデメリット

手数料がかかる

投資信託には、購入手数料・運用管理費用・信託財産留保額の3つのコストがかかります。購入手数料のない投資信託(ノーロード)も販売されていますが、資産運用の専門家の手を借りている以上、全ての手数料をなくすことはできません。

投資信託の価格が下がってしまい、損失が生じている状況でも手数料を払わないといけないんです

長期間の運用が前提となる

投資信託を買うということは、たくさんの銘柄を購入していることになるので、期待される利益も平均的になります。「10万円で買った株が50万円になった」「1万円で買った仮想通貨が100万円になった」というような夢のある投資ではありません。複利や経済成長を見込んだ長期的な運用が前提となります。投資信託は、地味…堅実な投資なんです

まとめ

今回は積立インデックス投資信託を行う上で、必要だと思われる投資信託の基礎知識についてまとめてみました。投資信託は元本こそ保証されていませんが、堅実で利益を出しやすい投資です

「投資信託について本で勉強したい」という方もいると思うので、おすすめの本もお伝えします。おすすめは、水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」です。

とにかく簡単で読みやすい本がいいという方には、横山光昭さんの「はじめての人のための3000円投資生活」もおすすめです。

こちらの本はとにかく分かりやすく、難しい内容は一切ありません。投資を今まで一切したことがなかったわたしでも、スッと頭に入ってきました。投資を始めるきっかけになった、思い出の本です

運用実績やおすすめの銘柄については、こちらの記事を参考にしてみてください

記事は参考になったでしょうか最後までご覧いただき、ありがとうございました