【毎週更新】メキシコペソ投資の始め方完全ガイド!運用成績ブログで公開中

藤奈

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

今回はわたしが行っているメキシコペソ投資の始め方を徹底解説したいと思います。

どのブログやサイトよりも詳しく、分かりやすく書けた自信があります!

  • 新しい投資を始めたいと思っている
  • メキシコペソ投資について知りたい
  • メキシコペソ投資を始めようか悩んでいる

上のように考えている人は、ぜひ読んでみてください。

メキシコペソ円スワップ投資とは?どんな投資か簡単に説明

メキシコペソ投資とは、FXを利用して日本の円でメキシコペソを買い、為替差益とスワップポイントを狙う投資です。

FXとは、日本と円やドル、ユーロとトルコリラという風に、通貨を交換する投資のことです。

通貨の価値は、発行する国の経済状況や情勢によって常に変化しています。

例えば、メキシコペソが5円のときに買って、6円に値上がりしたときに売却すれば、1円の利益になります。これが為替差益です。

FXはこの為替差益を狙うことが多いのですが、高金利通貨を買って利息(スワップポイント)を狙うスワップ投資もあります。

日本は超低金利状態で、銀行にお金を預けてもほとんどお金が増えませんが、世界には高度経済成長期の日本のように金利が高い国も存在しています。

その国の通貨を保有していれば、金利分のスワップポイントを貰うことができます。

高金利として有名な通貨は、トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドになります。

わたしはその中でメキシコペソを選んで、スワップ投資をしています。

2021年5月19日時点での高金利通貨の傾向や特徴をまとめました

トルコリラメキシコペソ南アフリカランド円
現在のレート13.01円5.48円7.7円
政策金利19%4%3.5%
スワップポイント42円7.1円13円
インフレ率(2020年)14.6%3.15%3.27%
失業率(2020年)13.2%5.2%30%
過去10年の値動き47.9~12円11円~4.2円12円~5.58円
トレンド長期・短期的に
下落トレンド
長期は下落トレンド
短期は上昇トレンド
長期は下落トレンド
短期は上昇トレンド

この表を見ると、メキシコペソは高金利通貨の中で安全度が高くてバランスの良い通貨だということが分かると思います。

外貨預金とFXを利用したスワップ投資の違い

外貨に投資をする方法は、FX以外にも外貨預金があります。

外貨預金とスワップ投資は、仕組み自体はほとんど変わりません。違いは、

  • レバレッジ
  • 手数料

この2つです。

レバレッジとは、預けたお金の何倍ものお金を動かすことができる仕組みのことです。

外貨預金の場合、手元に10万円のお金しかなければ、10万円分のメキシコペソしか買えません。

FXでレバレッジを利用すると、50万分や100万円分のメキシコペソを買うこともできます。

レバレッジ1倍にすると、外貨預金と同じ状態になります。

もう1つのスワップ投資と外貨預金の違いは、手数料の安さです。

外貨預金の場合は銀行を介することになるので、FXのスワップ投資の約500倍もの手数料がかかります。

外貨預金だと、利息が高くても為替差益があったとしても、「手数料を払ったら利益が全部なくなった…」ということにもなりかねません。

関連記事 【徹底比較】外貨預金とスワップ投資の違い

投資やFXと聞くと、反射的に「怖い」と思ってしまう人もいるかもしれません。

わたしも今でこそインデックス投資や高配当株、メキシコペソ投資を行っていますが、

藤奈

投資ってなんだか怖いし、難しそう…。やっぱり貯金が1番安全だよね!

と思っていた時期がありました。

でも、貯金=日本円を大量に保有しているということ。

日本は少子高齢化社会であり、今後大きな成長は見込めません。

リスクをとっていないつもりでも、成長が見込めない国の通貨に1点集中の投資をしていることになるんです。

メキシコペソ投資を行う場合の2つの注意点

メキシコペソを投資を行う場合、大切なことが2つあります。

  • ロスカットされないこと
  • スワップポイントが多い口座を利用すること

ロスカットされないようにすることが1番大事

1番大切なことは、ロスカットされないことです。

ロスカットとは、損失が一定水準を上回った場合に、取引が強制決済されることです。

ロスカットは取引業者によって若干違いはありますが、証拠金維持率が50~70%を下回ると警告(マージンコール)があり、追加資金(追証)を入金しなければロスカットされます。

メキシコは新興国の通貨で、基本的に下落傾向です。

緩やかな下落なので、ロスカットされずにスワップポイントを貯め続けることで利益が出やすくなります。

レバレッジを上げるほどロスカットされやすくなるので、レバレッジは外貨預金と同じ状態の1倍~多くても3倍以内に抑えることをおすすめします!

少なくとも、メキシコペソの史上最安値4.2円を下回ってもロスカットされないようにしてください。

メキシコペソ5.5円、資金11万円、スワップポイントは7.1円と仮定して、レバレッジと利回り、ロスカットの関係についてまとめました

レバレッジ1倍3倍5倍
保有数2万通貨6万通貨10万通貨
1年で貯まるスワポ5,183円15,549円25,915円
利回り4.7%14.1%23.5%
ロスカットレートなし3.8円4.6円

メキシコペソは史上最安値を下回ってもロスカットされないようにするなら、レバレッジは3倍以内、放置したいならレバレッジ1倍で運用した方がいいことが分かると思います。

メキシコペソのスワップポイント比較

もう1つ大切なことは、スワップポイントが多い口座を利用することです。

銀行の金利が銀行や時期によって変わるように、スワップポイントも取扱機関によって変わります。

2021年5月24日の週を基にスワップポイントをまとめました

10万通貨保有スワップポイント/日スプレッド(原則)取引最小単位
セントラル短資FX60円2銭1000通貨
みんなのFX71円3銭1000通貨
Light FX71円3銭1000通貨
ヒロセ通商60円3銭1000通貨
FXプライムbyGMO70円9銭1000通貨
GMOクリック証券57円3銭100000通貨
マネーパートナーズFX30円3銭10000通貨

スプレッドとは、取引手数料のことです。
通貨の価格には買値(Bit)と売値(Ask)の2つが表示されていて、この差をスプレッドと言います。
売値が買値を上回っていて、この差額は取引業者が受け取ります。同額で決済した場合、スプレッド分だけ投資家の損失になります。
指標発表時など相場が大きく動くときには、スプレッドも大きくなります。

スワップポイント第1位は、Light FXみんなのFXです。

わたしはLight FXを愛用しています!

Light FXを愛用している理由
  1. 他の高金利通貨(トルコリラ・南アフリカ)でもスワップポイントが第1位
  2. 他のトレーダーの取引情報が確認できるアドバンストレーダーが利用できる
  3. 処理能力が高いシステムを利用しているので、約定力が強い
  4. 初心者でも使いやすい

取引業者によって少し違いはありますが、申し込み➜取引ができるようになるまでの流れは、こんな感じです

申し込み自体は約10分ほどで終わりますが、取引ができるようになるまでは約1週間ほどかかります。

  1. 口座開設を申し込む
  2. Light FXから関係書類が郵送される(マイナンバーカードと身分証明書のアップロードで省略可能になることが多い)
  3. 書類に必要事項を記入して、返送する(マイナンバーカードと身分証明書のアップロードで省略可能になることが多い)
  4. Light FXで審査が行われる
  5. 口座の開設が完了し、取引に必要なIDやパスワードが郵送される
  6. 証拠金(担保金)を入金する
  7. 取引開始

Light FXは6月30日まで新規口座開設50,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

Light FXの公式サイト・口座開設はこちらから

メキシコペソの投資スタイル

メキシコペソの投資スタイルは、自分がどんな風に取り組みたいかによって変わります。

  1. 放置で運用したい➜レバレッジ1倍の外貨預金と同じ状態でほったらかし。タイミングによっては利益が出にくい。
  2. 少し手間をかけて利益を増やしたい➜レバレッジ1倍で運用。下がったら買い増しor毎月積立にする。
  3. 手間をかけて利益を増やしたい➜レバレッジ1~3倍で運用。ファンダメンタルズ分析+経済指標にも注意しつつ、買いや売却を繰り返す。デメリットは、リスクが高くなることと面倒なこと。

わたしはあれこれ試すのが好きなので、③の投資スタイルです。

「放置したい!」と思っている方は、レバレッジ1倍の外貨預金と同じ状態にすればロスカットされることはありません。

ただ、始めるタイミングが高値であった場合は、利益を出すまでに時間がかかるというデメリットがあります。

少しくらいなら手間をかけてもいいと思っている人は、毎月積立にすれば高値掴みすることはありません。

買値よりも下がったら買い増しするという方法もあります。

わたしはあれこれ試すのが好きなので、レバレッジ3倍以内で「ここだ!」というタイミングで買い、下がったら買い増しするようにしています。

少し面倒だな…と思うこともありますし、レバレッジを高くするだけリスクが上がるというデメリットがあります。

レバレッジを利用する場合は、為替差益をメインにして、スワップポイントを+αくらいで考えた方がいいです。

「ここだ!」と思うタイミングで買いたい人は、ファンダメンタルズ分析とチャート分析が大切

通貨の価値は発行する国の経済状況によって動きます。

景気動向や金利などによって為替の動きを分析する方法は、ファンダメンタルズ分析と呼ばれています。

メキシコペソ投資は長期投資になるので、チャート分析よりもファンダメンタルズ分析の方が重要だと言われています。

メキシコペソの値動きに影響する重要な要素は

  • 金利動向
  • メキシコの景気
  • アメリカの景気
  • アメリカとの関係性
  • 政治の安定度
  • 資源価格

この6つです。

メキシコはインフレ率を基に金利を決めています。

インフレ率2~4%を目標にしているので、この数値よりもインフレ率が高い場合は金利が据え置きに、目標内だと金利が下がる可能性があります。

メキシコはアメリカの隣国で、景気もアメリカの動向に左右されます。

アメリカの景気が良くなればメキシコの景気も良くなりますし、アメリカの景気が悪くなればメキシコの景気も悪くなります。

アメリカとメキシコの関係性やアメリカの景気に左右されがちなので、メキシコペソ円の動きはドル円の動きとよく似ています。

メキシコは銀や天然ガス、原油を産出する資源国家でもあります。

資源価格、特に原油価格に大きく左右されます。

長期的な買い時を見るにはファンダメンタルズ分析が良いと言われていますが、中短期の買い時を見るためにはチャート分析が必須となります。

メキシコペソは長期的に見ると緩やかに下落しており、下げトレンドが継続しています。

短中期的に見るとコロナショックで史上最安値を4.2円に更新し、2021年6月現在5.5円近くまで回復しています。

長期的な緩やかに下落、中短期的には上昇と予想しています。

わたしは超長期的に見ると、メキシコペソ、特に円に対しては上昇すると予想しています。

理由は、日本の経済の弱さです。人口減少と高齢社会になっており、大きな経済発展は見込めません。経済が熟成している先進国も同様です。

対して、メキシコは人口増加・経済発展が著しく、超長期的に見ると世界有数に経済大国になると予想されています。

超長期的に見ると、メキシコペソの価値は上がり、円の価値は下がる=メキシコペソの見通しは明るいと考えています!

メキシコペソ円の今後の見通し
  • インフレ率が4%を超えており、金利は据え置きになる可能性が高い
  • 資源価格は安定
  • 新型コロナウイルスのワクチン普及によりアメリカ・先進国の経済活動が正常化

➜メキシコペソ円の今後の見通しは明るいと予想。ただ、大規模な金融緩和がいつ引き締められるか注意が必要。

➜長期的には下落トレンド継続中。日本経済の弱さから超長期的には上昇すると予想。

メキシコペソ投資を始めて約2年!運用結果は?

メキシコペソ投資を始めて1年目の成績はこちらです。

評価損益売却利益スワポ
1か月目-40,000円2,930円4,202円-32,868円
2か月目-18,030円4,730円10,845円-2,455円
3か月目-11,260円6,310円14,845円+9,895円
4か月目-850円8,508円16,343円+24,001円
5か月目ポジションなし27,946円ポジションなし+27,946円
6か月目ポジションなし27,946円ポジションなし+27,946円
7か月目ポジションなし27,946円ポジションなし+27,946円
8か月目-38,496円27,946円724円-9,826円
9か月目-98,570円27,946円4,930円-65,694円
10か月目-40,105円27,946円10,487円-1,672円
11か月目-43,355円30,42110.582円-2,352円
12か月目-71,030円30,421円13,852円-26,757円

2年目からは正確な額を記録していないのですが、2020年12月に全て売却し、+38,491円の利益を出すことができました。

ほぼ同値決済で、利益のほとんどがスワップポイントでした。

約2年メキシコペソ投資を運用した感想

トランプ前大統領の発言による急落やコロナショックで史上最安値更新など、激動の2年でした。

この2年で学んだことは、大きく2つです。

  1. リスクマネジメントをしっかり行う
  2. スワップポイントの比較を定期的に行う

1つ目は、しっかりリスクマネジメントしてから投資をした方がいいということです。

メキシコペソはスワップポイントを貯める長期投資なので、「一刻も早く始めた方がいい」という意見もありますが、わたしはその意見に否定的です。

確かに数年~数十年運用してスワップポイントを味方にすれば、利益が出やすい投資であることは間違いありません。

でもコロナショック時に約10万円もの含み損を抱えた時は、精神的に本当に辛かったです。

新興国の通貨は基本的に下落傾向で最安値を更新する可能性が高いと頭では分かっていましたが、実際に直面するとかなり動揺します。

わたしの場合はリスクマネジメントが甘くて、レバレッジ3~5倍で運用していたので、「このままだとロスカットされるかも…」毎日ヒヤヒヤしていました。

わたしは含み損が辛かったので、できるだけ安く買えるように、いくつかマイルールを決めました!

マイルール
  • 下落・暴落相場では上昇要因を満たしてから買い始める
  • メキシコペソが5.5円以下で購入開始
  • 1銭下がるごとに買い増し
  • レバレッジは3倍以内で運用(史上最安値を更新してもロスカットされない)
  • 高値圏の5.8円以上で一旦売却

メキシコペソを買う条件を満たしていたので、2021年5月にメキシコペソ投資を再開しました。

2つ目は、取扱業者のスワップポイント比較を定期的にした方がいいということ。

わたしがメキシコペソ投資を始めた頃はセントラル短資FXがスワップポイント第1位でしたが、いつの間にかLight FXに首位を奪われていました。

長期投資の場合はわずかな差が大きな差につながってしまいます。

定期的にスワップポイントを比較して、効率的に貯めていきましょう!

メキシコペソ投資を始めて2年。資金20万円で約4万円の利益を出すことができたので、結果的に大満足です。

ただ、リスクマネジメントをしっかり考えて投資スタイルを決めることをおすすめします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

メキシコペソ円投資に関する記事一覧