「将来のことを考えると不安…」と思っている方へ!お金の不安がなくなる、おすすめの本5選

ポートフォリオ管理, 長期投資でお金を増やす投資信託おすすめの本

Left Caption
藤奈
こんにちは、投資ブロガー藤奈です

近頃、投資や副業を始めようという風潮が強くなっています。副業の解禁、NisaやiDeCoなど…国が副業や投資を後押ししていることも原因ですが、「国や会社の制度だけで人生100年時代を生き残れるのか?」という不安が根底にあるからだと思います。老後2000万円問題も不安を増長させました。

年齢を重ねると活動量が減るので、食事や光熱費、趣味や服飾などにかかる費用も減ります。「今の生活を続けるためには、将来〇千万円必要!」という言葉をよく耳にしますが、ちょっと不安を煽りすぎじゃないかな?と個人的には思っています。年齢を重ねても元気があれば仕事をするだろうし、体力が落ちたら活動量も減る=必要なお金が減るのが自然だと思います。でも、「病気になったら…」「災害に合ったら…」と不安が尽きないのも確かです。

今回はお金の不安が減るおすすめ本をご紹介したいと思います

将来のことを考えると不安

お金の勉強がしたいけど、どうやって勉強したらいいのか分からない

初心者にも分かりやすい本が知りたい

このように思っている方は、ぜひ読んでみてください

お金の増やし方が簡単に分かる!超初心者向けの本

「難しいことは分かりませんが、お金の増やし方を教えてください」 著:山崎元

この本はとにかく簡単で分かりやすい

定期預金しか知らない、お金や投資についての知識0の初心者が、お金のプロである山崎元さんにお金の増やし方を教わるという対談方式の本となっています。そのため、初心者ならではの疑問や不安についても、山崎さんがしっかり答えてくれます。

お金の増やし方だけでなく、マイホームや保険などお金に関することが幅広く書かれています。この本を読むと、お金に対する考え方が変わり、お金の不安も解消されます

お金についての知識が増える!お金で損をしないための本

「うかる!FP速攻テキスト3級」 

お金全般について勉強したいという方には、FP3級の参考書がおすすめです。「FPになるつもりなんてない」と思うかもしれませんが、FP3級は知っておいた方がいいお金の知識について書かれています。一般常識レベルの内容もたくさんあります。

「自分が理想する生活を送るためには、どれくらいお金がかかるのか」「今の収入でこれからも生活できるのか」などライプランとお金の問題、保険や年金、金融商品、税金、不動産や相続など、お金について幅広く勉強することができます。

お金で損をしたくない!がっつり勉強したいという方におすすめです

お金のことは人任せにしてはいけない!金融機関への考え方が変わる本

「金融商品にだまされるな!本当に正しい預金、債券、個人年金の使い方」 著:吉本佳生

銀行や大手の証券会社だからと言って、簡単に信用してはいけません。「預金していてもインフレが起こったら、意味がない」など不安を煽る言葉は、金融商品を買ってもらうための罠で、金融機関が儲かる手数料の高い金融商品を買わせようとしているのかもしれません。

銀行や保険会社がどのようにお金を稼いでいるか知ることで、金融商品の本質を学ぶことができます。この本を読むと、お金についての知識を持つことがいかに大切か、「難しいことは分からないからプロに任せよう」という他力本願がいかに危険か分かります

投資を始めようと思ったら?まず読んでほしい本

お金について勉強すると、必ず書かれている内容があります。それは、資産運用についてです。お金の不安を解消するためには、なんらかの対応をするしかありません。お金の知識を増やしたり、貯金をしたり、投資をしたり。投資=リスクが高いというわけではなくて、投資の中にはリスクが比較的低いものもあります。

貯金以外の投資をしたことがない、という方にはまずは投資信託から始めるのがおすすめです。投資信託と言えば、たくさん本も出版されている人気の投資です。iDeCoも投資信託で運用することができます。元本こそ保証されていませんが、投資の中では手堅い種類に入ります。時間を味方にする投資なので、早く始めるほど利益が出やすくなります。

投資に興味が湧いてきたという方にぜひ読んでもらいたい本は、「はじめての人のための3000円投資生活」(著:横山光昭)です。

この本は、超初心者向けの本でとっても分かりやすい

投資と言えば、「怖い」「リスクが高い」「難しそう」など先入観を持つ方が多いと思いますが、この本はとりあえず3000円から気軽な気持ちで投資信託を始めてみましょうと謳っています。投資信託に関する基礎知識はもちろん、口座開設の方法まで書かれており、この本があれば投資信託を始めることができるようになっています。わたしもこちらの本を読んで、投資を始めました。

投資信託について、もう少し本格的に勉強したいという方におすすめなのが、「お金は寝かせて増やしなさい」(著:水瀬ケンイチ)です。

3000円投資生活よりも本格的な本で、基礎知識はもちろん、資産配分、分散投資、運用データ、積立投資信託を長年運用していた水瀬さんの投資への考え方や投資の続け方まで書かれた1冊です。わたしもこの本を読んで、積立インデックス投信を本格的に始めました。

まとめ

これから先に何が起こるかは誰にも分からない、だからこそお金の不安は考えるとキリがありません。未来を予知することはできませんが、お金の知識を増やして対処することで、不安を解消することができます。

ご紹介した本は、お金の知識はもちろん、お金や投資への価値観が変わる本です。ぜひ読んでみてください

わたしが実際に運用している投資信託やメキシコペソ、株式投資については、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください

最後までお読みいただき、ありがとうございました