絶対に知っておいた方がいい!利上げ・利下げが投資に及ぼす効果や影響について【投資の基礎知識】

メキシコペソ, 投資でお金を増やす, 投資信託, 株式投資メキシコペソ基礎知識, 積立インデックス投資信託の基礎知識

Left Caption
藤奈
こんにちは、投資ブロガー藤奈です

投資をしていると、いくつかチェックした方がいいニュースがあります。その1つが金融政策利上げ・利下げです。

今回は金融政策や利上げ・利下げについてお伝えします

投資に興味がある

投資を行っているが、利上げ・利下げについてあまり理解できていない

上記に当てはまる方はもちろん、投資に興味がない方も一般知識としてぜひ読んでみてください

金融政策とは?

金融政策とは、中央銀行が物価の安定や通貨価値の安定・景気対策として行う金融緩和金融引き締めのことです。金融政策は、経済が拡大し続けることを目的に行われています。

何だか難しい説明ですが、簡単に説明すると、景気が悪い時には景気が良くなるように、景気が良い時はインフレやバブルが起きないように中央銀行が働きかけるということです。

利上げとは?効果と影響について

利上げとは、政策金利を引き上げることで、インフレやバブルが起きないように行う金融引き締めの1つです。

利上げを行うと、市場金利が上がって、銀行の貸し出し金利も上がります。貸し出し金利が上がると、企業は設備投資を控えるようになりますし、起業することも難しくなります。住宅ローンも上がるので、マイホームの購入も少なくなります。

企業の活動が消極的になることで、雇用率が低下したり、お給料が減ったりします。そうなると、個人も消費を少なくしていきます。経済が停滞して、最終的には景気が悪くなります。

なぜ、わざと景気を悪くするのか不思議に思いませんか

景気が良くなりすぎると、物価が上昇してインフレが起きます。投資もどんどん行われるようになり、不動産も高騰して、いわゆるバブルになります。採算がとれない投資まで行われるようになり、不良債権が発生します。過度なインフレも不良債権も、最終的には社会不安を招き、パニックに陥ります。

不良債権が発生しないように、過度なインフレが起きないように、バブルが起きないように金融引き締めをして、景気を冷やすことが必要なんです。

株価への影響

利上げが行われると、企業の活動性が低下するので、投資家は積極的に株を買わなくなり、株価は下落することが多いです。ただ、売り上げや為替の影響、さまざまな要因が株価には関係するので、一概には言えません。

為替への影響

為替は金利が高い通貨が買われやすくなります。そのため、利上げを行うと、通貨の価値は上昇しやすくなります。

利下げとは?効果と影響について

利下げとは、政策金利を引き下げることで、景気がよくなるように行う金融緩和政策の1つです。

利下げを行うと、市場金利が下がり、銀行の貸し出し金利も下がります。貸し出し金利が下がると、企業は設備投資を積極的に行い、起業する人も増えます。住宅ローンも下がるので、マイホームの購入も多くなります。

雇用率が上昇したり、お給料が増えたりします。そうなると、個人も消費を多くしていきます。経済活動が活発になり、最終的には景気が良くなります。

株価への影響

利下げが行われると、企業の活動が活発になるので、投資家は積極的に株を買うようになり、株価は上昇することが多いです。ただ、売り上げや為替の影響、さまざまな要因が株価には関係するので、下落することもあります。

為替への影響

基本的に為替は金利が高い通貨が買われやすいです。そのため、利下げを行うと、通貨の価値は下落しやすくなります。

まとめ

金融政策(利上げ・利下げ)は、株価や為替に大きな影響を与えます。特に市場の予想と違った発表が行われると、暴落や急騰を招きます。わたしは積立インデックス投信、メキシコペソ投資、国内株式をしているので、金融政策には注意をしています。特にアメリカの動向には警戒しておきたいところです。最低限のアンテナを張り、一緒に投資生活を楽しみませんか

最後までご覧いただき、ありがとうございました

積立インデックス投信、メキシコペソ投資、国内株式については、こちらの記事をご覧ください