だれでも迷わずに簡単に開設できる!口座開設の手順やポイントを解説!おすすめの証券会社は?

投資でお金を増やす, 投資信託, 株式投資少額投資, 積立インデックス投資信託の基礎知識

Left Caption
藤奈
こんにちは、投資ブロガー藤奈です

「株やFX、投資信託に興味があるけれど、口座開設が大変そう始めていない」という方はいませんか

実はわたしがそうでした。「なんだか難しくて大変そう。面倒…」と思って、後回しにしていました。でも、投資信託とFX(メキシコペソ投資)は、時間を味方にする長期投資が前提です。早く始めるほど、利益が出やすくなります。後回しにしている間に、得られる利益を逃しているかもしれません。

投資信託とメキシコペソについては、こちらの記事を参考にしてみてください

今回は誰でも迷わずに口座開設できるよう、口座開設の手順やポイントを解説します

口座開設が大変そうで、後回しにしている

ちゃんと口座開設できるか不安…

このように思っている方は、ぜひ読んでみてください

株や投資信託はネット証券で始めよう

株の売買には、対面取引ネット取引の2つの方法があります。

対面取引は、証券会社の担当者に電話やFAXで注文する方法で、担当者からアドバイスをもらうことができます。ただし、その分手数料が高くかかります。

ネット取引は、アドバイスをもらうことはできませんが、手数料が安いのが特徴です。近年は、ネット取引が主流になっています。

口座開設をするなら、わたしはネット証券をおすすめします。ネット証券なら自分の好きなタイミングで取引ができますし、なにより手数料が安いことは大きなメリットです。

おすすめの証券会社

ネット証券と言っても、たくさんの証券会社があります。

「どこで開設したらいいの?」と思われる方もいるかもしれませんが、SBI証券か楽天証券のどちらかをメイン口座に選べば問題ありません。2つとも開設し、いいところどりをするのもありだと思います。

SBI証券楽天証券は証券会社の2強となっています。SBI証券と楽天証券はお互いに意識し合い、競い合っています。SBI証券が取引手数料を下げる発表をすると、楽天証券も同日に取引手数料を下げる発表をし、投資家たちを驚かせたこともあります。

2社とも新しい金融商品を率先的に取り入れるので、SBI証券か楽天証券のどちらかをメイン口座にすれば、投資生活も続けやすいのです

株式なら大注目されているSBIネオモバイル証券

ここ最近で注目されているのでは、SBIネオモバイル証券です。SBIネオモバイル証券は、単元未満株を安く買えることができる上に、Tポイントが使える証券として注目されています。

単元未満株とは、1株から買えるということです。一般的な株式は単元単位(売買できる最低取引量)が決まっていて、多くの場合100株とされています。

1株500円の株を買おうと思うと、5万円の資金が必要になってしまうのです。しかし、単元未満株なら500円の株をそのまま500円で購入することができます。

わたしも単元未満株の存在は以前から知っていたのですが、手数料が高いのがネックになっていました。500円の株を1株買うのに、手数料が100円とかかかってしまうんです。「割に合わないなぁ…」と思って、結局手を出しませんでした。

その点、SBIネオモバイル証券は手数料もかなりお安いんです

50万円までは何回取引しても、手数料は月額216円毎月SBIネオモバイル証券でのみ使えるTポイントが200ポイント発行されるので、実質16円で株を買うことができます。

現物取引しかできませんが、少額で国内株式をしたい人はSBIネオモバイル証券の一択だと思います

さらに詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください

SBIネオモバイル証券の公式サイト・口座開設はこちらからどうぞ

大人気の証券会社、SBI証券と楽天証券を比較

「メイン1社だけ開設したい」と思われる方もいると思うので、SBI証券と楽天証券、SBIネオモバイル証券の特徴を簡単にまとめました。

おすすめ

国内株式はSBIネオモバイル証券がお得

国内株や投資信託だけなら、ポイント還元率が高い楽天証券がお得

IPO(新規上場株式)、外国株式(中国、韓国、ロシア)を行うならSBI証券が強い

楽天証券は楽天スーパーポイントや楽天グループと連携したサービスが魅力的です。国内株や投資信託をするだけなら楽天証券がおすすめですが、今後IPOや外国株式といった投資も始めようと思っている方は、取扱数が多いSBI証券の方がいいかなと思います

わたしは投資信託の積立は楽天証券、株はSBIネオモバイル証券を利用しています。株は現在整理中で、SBIモバイル証券に移行中です。

SBIネオモバイル証券の公式サイト・口座開設はこちらからどうぞ

申し込みから取引ができるようになるまでの流れ

申し込みから取引ができるようになるまでの手順は、以下のようになります。

手順

口座開設の申し込みボタンをクリック

必要事項の入力確定

本人確認・個人番号をアップロードor郵送

証券会社の規定に同意し、申込を完了させる

無事に申し込みができていれば、証券会社からメールが届く

後日、取引に必要なIDとパスワードが届く

証券会社のホームページかアプリでIDとパスワードを入力する

口座にお金を入金する

口座開設の申し込みは大体15分ほど、取引ができるようになるまでは1週間ほどかかります。本人確認と個人番号をアップロードすると、取引開始までの期間を短くすることができます。

証券会社によって順番や表現方法が少々異なりますが、内容自体はほとんど同じです。では、詳しく見ていきましょう

口座開設の前に準備するもの

口座開設に必要なものは、個人番号(マイナンバーカード)本人確認書類です。

本人確認書類は運転免許証、パスポート(顔写真ページと住所が記載されている所持人記入欄の2か所)、健康保険証、住民票の写し(6か月以内)、個人番号カード、在留カード、特別永住証明書、住民基本台帳カード(顔写真付き)です。

有効期限内か確認してくださいね

口座申し込みをクリックする

開設する証券会社を決めたら、証券会社のホームページから「口座開設申込」ボタンをクリックします。

必要事項を入力する

必要事項は、名前、生年月日、性別、住所、メールアドレス、電話番号、納税方法(詳しい説明は後述しています)です。他にも、個人収入、勤め先情報、家族構成、世帯収入、預貯金、投資経験、投資スタイルが聞かれることもあります。

投資スタイルを聞かれたときは、「余裕資金」を選択するようにしてください。

口座の種類と納税方法を入力する

必要事項を入力すると、口座の種類と納税方法について入力します。

普段聞かないような言葉が並び、口座開設で一番悩んでしまうポイントです。

口座の種類と納税方法は、特定口座or一般口座源泉徴収ありor源泉徴収なしにするかで選択します。

基本的には「特定口座・源泉徴収なし」を選択するのですが、理由も含めて説明していきます。

特定口座と一般口座の違い

口座には特定口座一般口座の2種類があります。

投資で利益を得た場合、売買で得た利益の20%を税金として支払うことになります。税金の支払い方は、証券会社に源泉徴収してもらう方法と、自分で確定申告を行う方法があります。自分で確定申告を行う際には、売買の履歴や損益を計算し、履歴と損益をまとめた年間取引報告書が必要になります。

特定口座と一般口座の違いは、「年間取引報告書」を誰が作成するか、という点です。

証券会社が年間取引報告書を作成してくれるのが特定口座自分で作成するのが一般口座です。

源泉徴収ありと源泉徴収なしのちがい

特定口座を選択すると、次に源泉徴収ありor源泉徴収なしを選択します。

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」のちがいですが、必要な手続きを証券会社が代行し、確定申告不要なのが源泉徴収あり自分で確定申告を行うのが源泉徴収なしです。

特例を利用しよう

ここまで聞いていると、「特定口座・源泉徴収ありの方がいいのは?」と思いますよね。

実は利用しないと損なとってもお得な特例があるんです

投資で利益を出しても会社員の場合は、給与以外の収入が20万円以内なら、その分に関しては確定申告が免除されるのです。つまり、給与以外の所得がなければ、投資での利益の20%分が実質無税になるということです。

源泉徴収ありだと、年間20万円以下でも、利益が発生した時点で、利益の20%が自動的に徴収されてしまいます。特例を利用するためには、「特定口座・源泉徴収なし」を選ぶ必要があるのです。

「特定口座・源泉徴収あり」と選んだ方がいい場合

基本的には「特定口座・源泉徴収なし」を選択するのですが、特定口座源泉徴収ありを選んだ方がいい人もいます。

特定口座源泉徴収ありと選んだ方がいい人

20万円以上の利益を見込んでおり、確定申告が面倒な人

配偶者控除や扶養控除の適用を受けている主婦や学生で、その年の利益が38万円をこえる見込みの人

上記の方は、特定口座・源泉徴収ありを選ぶようにしてください

入力した内容を確認する

ここまで入力すると、入力した内容の確認があります。

入力した内容に間違いがないことを確認したら、入力内容を確定します

証券会社の利用規定

証券会社の利用規定や個人情報の取り扱いについての説明があります。確認したら、同意をクリックします。

マイナンバーカード・本人確認書類のアップロードを行う

マイナンバーカードと本人確認書類はアップロードすることができます。アップロードにした方が取引までにかかる時間を短くすることができます。アップロードに不安がある方は、郵送を選択します。

最後に申込ボタンを押すと、口座開設の申し込みは終了です。証券会社から、口座開設の依頼が届いたという内容メールが来れば、無事に申し込めた証拠です。

IDとパスワードをホームページかアプリで入力し、ログインする

IDとパスワードは、早ければ2日ほどで届きます。IDとパスワードが届いたら、証券会社のホームページかアプリからログインします。

口座に入金する

ログインできたら、口座にお金を入金します。提携しているネット銀行であれば、即時入金することができます。

無事に口座に入金できれば、取引を始めることができます

まとめ

慣れない言葉や作業で困惑するかもしれませんが、手順通りにすれば誰でも開設することができます。

開設費も維持費もかかりませんし、稼ぐ機会を失わないうちに、開設してみてはいかがでしょうか

最後までご覧いただき、ありがとうございました