「SNSで夢を叶える」方法を教えてくれるゆうこすの素敵本

藤奈

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

みなさんはゆうこすさんをご存じですか?

インスタやTwitter、YouTubeなどを使いこなして、フォロワー数は70万人以上。モテクリエイターを名乗っていて、「モテる為に生きてる!」と宣言されている方。

わたしはコスメが好きで有名なインフルエンサーさんくらいのふわふわしたイメージしかありませんでした。

それが先日「SNSで夢を叶える」読んで、イメージがガラっと変わりました

成功している人は、努力していないように見えてもすごく努力している。その努力を集約した本についてご紹介します。

ゆうこす本の内容まとめ「Twitterは共感力のSNS」

わたしは2年ほど前からブログを始め、同じ時期にTwitterも始めました。

Twitterでは「ブログや投資仲間と出会えて、勉強になるし楽しい!」、でも「140文字という制限のあるTwitterでどんな情報を発信したらいいんだろう?」とも思っていました。

好きだし楽しいけれど、活用しきれていないような…そんな微妙な距離感にあるのがTwitterでした。

この本では、「SNSは夢を叶える力がある場所」と紹介されています。

現実の世界と違って、SNSには距離も年齢も関係ない。大切なのは、発信内容(情報)に共感できるかどうか。つまり、発信者と受け取り手の想いがリンクするかどうか。それだけです。共感してくれる人、味方になってくれる人。そんなフォロワーが増えるほど、発信する情報には拡散力をパワーが生まれる。

「SNSで夢を叶える」より抜粋

もし、努力しているのに結果が出ないのであれば、発信方法が間違えているとゆうこすさんは言われています。

では、「正しい発信をするためにはどうしたらいいの?」をこの本では教えてくれるんです。

参考になった部分を簡略化してまとめました

  • Twitterは共感・拡散型のメディア。幅広い年齢層の男女が利用していて、1番拡散力が高いメディア。
  • ブログはSNSの中で1番掘り下げ型のメディア。長文で深い想いを伝えるのに向いている。
  • ネガティブな発信は、ネガティブなモノを引き寄せる。
  • 本気で好きじゃないことを発信しても失敗する。自分の好きなこと、ワクワクすることだけを発信する。
  • 好きだからこそ、頑張ろう・改善しようという気持ちが生まれる。その気持ちを発信し続けることが、自分のアカウントの個性や価値を作っていく。
  • 見る意味のあるアカウントを育てる。
  • みんなに好かれようと思う必要はない。
  • 身動きがとれなくなる位なら、どんどん失敗した方がいい。失敗した経験も、そこから何か学び、自分が成長できたら「いい経験」に変わる。

わたしはブログとTwitterを運用しているので、ブログとTwitterに関する部分を中心にまとめました。

上にまとめているのは、知識や考え方・向き合い方に関する部分です。

  • 自分の気持ちを伝える書き方
  • 自分に共感してくれる人の見つけ方
  • フォロワーと距離を近づける方法

上のような具体的な方法を知りたい方は、ぜひ実際に本を読んでほしいと思います。

読んでみた感想は?思ったこと・感じたこと

この本が伝えたいことは「自分の好きを発信すること」が何よりも大事ということだと思います。

「好き」「楽しい」と思う気持ちは、自分の個性や価値観に繋がる➜その価値観に共感した人が集まってきて、味方になってくれる➜自分の発信力になっていくということです。

自分の価値観に共感してくれる人は突然増えることはないから、気長に続ける必要があります。

でも好きな気持ちが原動力なら、楽しんで続けることができる。好きなことであれば、頑張ろうと思えるし、「もっと勉強しよう!」とも思えます。

これはSNSに限らず、いろんなことに通じることなのかなと思います。

わたしも投資のことが好きだから、「失敗した!」と思っても「次はどうする?」を考えることができるし、「もっと勉強するぞ」と思えるし、その過程すら楽しいと思えます。

好きって気持ちは自分の強力な武器にもなるんだ!とこの本を読んで改めて思いました。

「よし、頑張るぞ!」やる気が溢れてきて、やる気の正しい方向を教えてくれる好きな本です。

興味がある人はぜひ読んでみてください

おすすめの本に関する記事一覧