「投資って何から始めたらいいの?」を分かりやすく教えてくれる本3000円投資生活

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

今回はわたしに投資を始めるきっかけをくれた本についてご紹介します。

お金を増やす方法として、投資に興味がある人はたくさんいると思います。

わたしも社会人になった頃から投資に興味はありましたが、

藤奈

投資ってやっぱり難しそう。お金が減ったら嫌だな…

と思って、なかなか一歩踏み出すことができませんでした。

投資を始めるまで1年位かかったと思います。

でも、はじめての人のための3000円投資生活を読んで、投資に対するイメージがガラっと変わりました。

シンプルにお金を増やす方法を教えてくれる本

お金の心配なくやりたいことをやる人生を送るためには、無理のない範囲で投資を学ぶ、少しずつお金を増やしていく必要があります。

お金を少しずつ増やす方法として、毎月3000円でバランス型投資信託を買うことがこの本では紹介されていています。

著者の横山さんによると、「3000円という額は、あまり怖さを感じずに投資を始められる金額」だそう。

人生で困った時に役立つのは現金=貯金ですが、貯金を優先することが正しいとも限らない。

なので、貯金をしながら毎月3000円ずつバランス型の投資信託を買い、投資について学んでいく。余裕ができれば、毎月の積立額を増やすという風に紹介されています。

投資信託とは、「投資家から集めたお金を投資のプロであるファンドマネージャーが運用し、その成果に応じて収益を投資家に分配する」ものです。

バランス型の投資信託は、その名の通り債券や株式がバランス入っており、これを1つ買うだけで、たくさんの対象に投資をすることができます。

たくさんの対象に投資をすることで、期待できるリターンは低下させずに、リスクだけを下げることができるという仕組みです。

つまり、バランス型の投資信託を買うと、世界経済の成長とともにお金が増えていくということです。

バランス型の投資信託を買うおすすめの証券口座や開設方法・銘柄も紹介されていて、積立購入設定までの手順や方法も詳しく書かれています。

本の通りに進めれば、最後まで完了するようになっているの助かりました。

その他で特に大事だと感じたことを簡略化してまとめました

  • 積立は貯金感覚で気軽に始められる。
  • 手数料を抑えたい、もう一歩踏み込んだ投資がしたい場合は、「インデックスファンド」を買う。
  • 債券と株式は必ず両方買う。日本株式・外国株式・日本再建・外国債券を25%ずつが基本。
  • 暴落後、回復してくるまで短くて3年、長くて10年かかる。運用期間は長期間で考える
  • 生活防衛資金は月収の7.5か月分。
  • 何のためにお金を貯めるのか目標をはっきりさせる。
  • 手間をかけない方が投資は成功する。
  • 投資は一時的な価格変動に振り回されず、じっくりと取り組む。
  • まとまった額で投資をするのは、年収分の貯金と年収の半分以上の余裕資金がある時だけ。
  • お金を絶対に減らしたくないなら、個人向け国債を買う。

ここにまとめたのは、ほんの一部です。

他にもお金が貯まる人の習慣や株やFXへの考え方など、とっても参考になる内容が盛りだくさんでした。

【実践】3000円投資を始めて4年。感想は?

投資を始めて4年が経ちました。この記事を書く前に、本を読み返してみました。

思ったことは、

藤奈

この本で書かれている投資法は、安定的にお金を増やす王道の投資!

ということです。

初めてこの本を読んだときは、「そういうものなのかな?」という感じでしたが、4年経った今は「まさにその通り!」だと感じました。

投資を始めてからたくさんの本を読んだり、たくさんの投資スタイルを見てきました。

多くの人は積立インデックス投資をメインにしています。

もちろん株式やFXだけという人もいるけれど、積立インデックスをメインにしつつ、高配当株や仮想通貨といった他の投資をしている人が多い印象です。

わたしもバランス型投資信託を売却したり、インデックス投資を中断して株式だけしている時期がありましたが、結局は積立インデックス投資+急落時や下落時にインデックスをスポット購入+余裕があれば高配当株やメキシコぺソというスタイルに落ち着きました。

「あれ?結局インデックス投資だけの方がいいんじゃない?」と思う時も多々ありますし、おそらくその方が安定すると思います。

インデックス投資以外の投資は「楽しむための投資」「趣味としての投資」という感じす。

この本で書かれている投資法は安定的にお金を増やす、まさに投資の王道です。

わたしは債券のインデックスファンドは購入していないのですが、その1点だけは変わりました。

関連記事 【アセットアロケーション】インデックス投資の理想的な資産配分について考察してみた

4年の間にコロナショックという暴落も経験して、世界市場と連動するインデックス投資の強さもよく分かりました。

関連記事 積立インデックス投資を2年続けた結果を公開

今後他の投資にも手を出すかもしれませんが、メイン投資はずっと変わらないと思います。

「投資ってなにから始めたらいいのかな?」と思っている人は、まずこの1冊から読んでほしいです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました

おすすめの本に関する記事一覧