投資ブログを運営する上で大切だと思っている3つのこと

藤奈

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

ブログにはたくさんのジャンルがありますが、その中でもGoogleから厳しく評価されるジャンルがあります。

それは、YMYLと呼ばれるジャンルです。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で、「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。

General Guidelines

具体的には、

  • 医療
  • 福祉

のジャンルになります。

YMYLに該当するブログは、Googleアドセンスにも合格しづらい、定期的に行われるGoogleアップデートで検索順位を下げやすい傾向にあります。

でも、わたしは投資記事でGoogleアドセンスに合格したので、YMYLに該当する記事やブログが評価されないわけではないと思います。

今回はわたしがブログを運営する上で気を付けていることについてお伝えします。

投資ブログを運営する上で気を付けること

投資や資産運用といったお金に関する記事で大切なことは、正確性と客観性、信頼性だと考えています。

その3つを満たすために必要だと思っていることをまとめました。

  • 客観的なデータを示す:正確性・客観性
  • リスクとデメリットを説明する:正確性・信頼性
  • 自分の考えや意見、感想を伝える:信頼性

たとえば、「インデックス投資はメイン投資にぴったり!」という内容の記事を書きたいとします。

まずは、なぜインデックス投資がメイン投資委ぴったりだと思ったのか、その理由を書いていくと思います。

その場合、客観的なデータを示すようにしています。

客観的なデータは日本の公的年金を運用している年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)から引用したり、参考にして作ったり、自分の運用成績を公開する時もあります。

考えられるリスクやデメリットもしっかり説明します。

自分の経験や体感感覚だけで記事を書くと、読んだ人は正確性や客観性が欠けた印象を受けます。

わたしは客観的なデータがない記事を読むと、「なんだか信用できないな」と思ってしまうし、リスク説明が少ないと「アフィリエイト目的かな」と疑ってしまって、読む気になりません。

でも、データやリスク説明がしっかり書いてあると、「なんとなく信用できそう!」と感じます。

分かりやすく書いてくれている記事だと最後までしっかりと読みます。

ブログや記事は、正確性・客観性・信頼性が大事ですが、投資やお金に関する記事やブログでは本当に大事だと思います。

正確性・客観性・信頼性がどれか1つでも欠けている記事は、読んでもらえないし、言葉が心に響きません。

最後に自分の意見や感想を伝えるようにしています。

自分がどう思ったか、どう感じてどんな対処をしたのか書きます。

読んだ人からしたら「そういう気持ちになるのか!」「そう対処したらいいのか!」と参考になるようにしています。

まとめ

記事を書く目的は、誰かの悩みを解決すること、誰かの役に立つということです。

「これ以上役に立つ記事は書けない!」と思える記事を発信するようにしています。

読む人が求めていることは、正確性・客観性・信頼性のある記事です。この3つを満たして、やっと書いている人が何を考えているか気になってきます。

なぜ記事を書くのか、その目的を忘れないようにしましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました