【天国から地獄】トルコリラ円投資だけはおすすめしない3つの理由

とうな

こんにちは、投資ブロガーとうなです

わたしは2年以上前からメキシコペソ投資を行っています。

コロナショックの時はロスカットされるかも…とヒヤヒヤしましたが、結果的に20万円で約4万円の利益を出すことができました!

メキシコペソ以外にも高金利として有名な通貨は、南アフリカランドとトルコリラです。

現状ではメキシコペソ以外を投資対象にするつもりはないのですが、高金利通貨の動向はチェックしています。

その中で痛感したことは、トルコリラ円には手を出さない方がいいということ。

今回はトルコリラ投資をおすすめしない3つの理由についてお伝えします。

高金利通貨への投資に興味がある人は、読んでみてください

トルコリラの特徴は?トルコは成長性の高い国

トルコは東ヨーロッパのトラキア地方と西アジアのアナトリア半島にまたがる国です。

トルコの特徴は若年層の人口が多い国です。

2018年時点でのトルコの人口は8200万人で、0~14歳の人口が12%となっています。

若年層が多いということは、経済市場が広がる可能性が高いということ。

トルコはブラジル・ロシア・インド・中国に次いで、21世紀有数の経済大国になる可能性があるとされるNEXT11の1国に選ばれています。

広大な土地と資源があり、今後の成長が期待できる国と言えます。

【チャート分析】長期・短期ともにどこまでも下がる強い下落トレンド

トルコリラの長期チャートをを見ると分かりますが、トルコリラは長期・短期ともに強い下落トレンドの中にいます。

2009年には47.9円であったトルコリラは、現在13円まで下落しています。

「底なしの下落」「いつまでも下がり続ける」と言われており、上昇シグナルの兆しもありません。

トルコリラが下落と続けている理由は大きく2つあります。

  • 経済的リスク
  • 政治的リスク

先行きが不安すぎるトルコの経済…トルコリラ安が続き、経済破綻するかもしれない

トルコは慢性的な赤字が続いています。

海外から資金を調達していることに加えて、トルコリラ安が続いているので、赤字が膨れ上がっています。

収入よりも借金の方が多い状態で、まさに火の車です。

このままの状態が続くと経済破綻をするかもしれません…。

赤字を補うためにはトルコリラの発行が必要なのですが、発行するとトルコリラの価値はさらに下がり、トルコ経済が悪化する可能性が高いです。

アメリカ・周辺諸国と緊張状態でトルコリラの行方はどうなる?

トルコとアメリカはNATO加盟国として同盟していますが、2016年に起こったクーデターにより関係が崩れています。

アメリカはトルコからのアルミ製品や鉄鋼の関税を2倍に引き上げる経済制裁を行っています。

また、周辺諸国と緊張状態が続いており、今後の行方が心配です。

コロナショックで逆スワップに!トルコリラ円投資のリスクの高さを実感

2020年のコロナショックでは、高金利通貨が暴落しました。

高金利通貨は米ドルやユーロ、日本の円よりも供給量が少ないため、急落・暴落しやすいという特徴があります。

コロナショックが起きた時、各国が緊急利下げを行ったこともあり、メキシコペソ円はスワップポイントが半分ほどに、南アフリカランドはスワップポイントが0円に、トルコリラは逆スワップ状態になりました。

逆スワップとは、トルコリラを買っても売ってもスワップポイントを支払うことになるということです。

暴落によるロスカット、ロスカットを免れてもスワップポイントで資金が減る…ツイッターでは悲痛な叫びや憐れむ声で溢れ返っていました。

同じ高金利通貨でも、メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラはリスクの高さが全く違います。

2021年8月3日時点での高金利通貨の傾向や特徴をまとめました。

トルコリラメキシコペソ南アフリカランド円
現在のレート12.76円5.49円7.50円
政策金利19%4.25%3.5%
スワップポイント43円8円9円
インフレ率(2020年)14.6%3.15%3.27%
失業率(2020年)13.2%5.2%30%
過去10年の値動き47.9~12円11円~4.2円12円~5.58円
トレンド長期・短期的に
下落トレンド
長期は下落トレンド
短期は上昇トレンド
長期は下落トレンド
短期は上昇トレンド

トルコリラは投資というより投機であり、ギャンブルに近いと思います。

トルコリラ円投資を行うなら、スワップポイント狙いで買うよりも、チャート・ファンダメンタルズ分析から考えると下落狙いで売った方がいいと考えられます。

トルコリラ投資をするなら、売りのスワップポイントの支払いが少ないLight FXがおすすめです!

ただ、売りの場合はスワップポイントを支払うことになって心理的に辛くなるので、おすすめしません。

わたしも下落狙いで売りで入ったことがありますが、スワップポイントの支払いが気になって仕方なかったからです。

個人的にはリスクの高いトルコリラ円投資よりも安定度が高いメキシコペソの方が好きです!

メキシコペソ投資に興味がある人は、下の記事を読んでみてください

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

メキシコペソ投資に関する記事一覧